食事で最も重要なことは、栄養のバランスが
とれていることですが、特に受験生が摂りたい
栄養は、記憶力・集中力・創造力を高める
ために、脳が充分に働いてくれるような
栄養素ですよね。
どのような栄養素が勉強の効率をアップさせて
くれるのでしょうか?

スポンサーリンク

受験生の脳と体に必要な栄養素とは?


糖質…血糖値を上げ、脳のエネルギー代謝を
    高めて活性化させる。

(例)ご飯、パン、麺、イモ類など
たんぱく質…脳の細胞を活性化させ、
       頭の回転をよくする。
(例)魚類、肉類、大豆製品、牛乳、卵など


カルシウム…集中力を高める。イライラを
       減少させ、精神安定効果がある。

(例)牛乳、乳製品、海藻、小魚など


ビタミン類…ビタミンB群、ビタミンC、
    ビタミンEは特に脳の活動をスムーズに
    する。

(例) 豆類・胚芽米・強化米・豚肉・レバー・
   卵黄・牛乳・チーズ など


*ビタミンB群の不足は倦怠感、疲労感、眠気、
憂鬱やストレスなど、精神的にも肉体的にも
悪影響を及ぼします。
そして、ストレスが多くなるほど、
ビタミンB1の消費が激しくなります。


指さし女性

受験生にとって、
ビタミンB群は重要な
栄養素といえるでしょう。

<ビタミンCを多く含む食品>
新鮮な野菜・果物・さつまいも・ジャガイモなど

<ビタミンEを多く含む食品>
緑黄色野菜・魚類(イワシ、サバ、サンマ)・
大豆・大豆製品・胚芽米 など
受験生には『魚』がおすすめ!

魚を食べると頭が良くなる♪なんて歌
ありましたよね。
それにはしっかりとした根拠があるのです!

今回、おすすめの魚とレシピを紹介します。
魚にはDHA(ドコサヘキサエン酸)が含まれており、
特に青魚などの脂肪に多く含まれている
不飽和脂肪酸が脳の記憶学習中枢を構成する
物質のひとつで脳細胞の働きを活発にし、
記憶力を高めます。


DHAで頭を活性化!鯖のおろし煮

<材料>2人分

・鯖(3枚おろし)…1/2尾
・塩       …少々
・小麦粉     …大さじ2
・大根      …1/4本

(合わせ調味料)
・だし汁     …150㏄
・酒       …大さじ3
・みりん     …大さじ1.5
・砂糖      …小さじ2
・醤油      …大さじ1.5
・油       …大さじ2
<作り方>

1. 鯖は骨を取り、
  食べやすい大きさに切り、塩をふる。

2. 大根をすりおろし、軽く水気を切る。

3. 合わせ調味料を煮立て、大根おろしを
入れ軽く煮る。

4. 鯖の水分をふき取り、小麦粉を付ける。

5. フライパンに油を入れ、鯖を揚げ焼きにする。

6. 揚げ焼きした鯖をおろしダレにからめる。


鯖にはDHAがたっぷりです。
冬の時期が一番魚に脂がのり美味しい季節。
おまけに大根は消化に良いので、胃に負担を
かけず食べることができます。

受験生は頭だけでなく体のメンテナンスも必要です。
一番栄養がある旬の時期に旬のものを積極的に
取り入れてほしいですね。

スポンサーリンク

手軽に作れる豆苗としらすのおにぎり

<材料>2~3個

・ごはん   …200g
・豆苗    …1/2パック
・しらす干し …20g
・ごま油   …小さじ1
・白ごま   …小さじ1
・塩     …ひとつまみ

<作り方>

1. 豆苗の根を切り落とす

2. 沸騰したお湯でサッと茹でる。

3. 茹でた豆苗は水にさらし、
水気をしっかり絞る。細かく刻む。

4. ②をボウルに入れ、ごま油、白ごま、
塩で和える。

5. 温かいご飯にしらす干し、③を入れ混ぜる。

6. お好みの大きさに握る。


豆苗は、脳の疲労回復効果が期待できる
ビタミンが豊富です。。


しらす干しはDHA,カルシウムが豊富で、脳の
働きをスムーズにし、集中力を高めてくれます

この『豆苗としらすのおにぎり』は
朝食、夜食におすすめです。

何よりも手軽に作れることが一番ですね!

毎日の食事で、受験勉強を頑張っているお子様を
栄養面からサポートしてあげましょう。


スポンサーリンク