年末年始は忘年会やクリスマス、お正月と
外出する機会が増えます。
交通機関やショッピングセンターなどの人混みへ
行くことが多くなりますよね。

外出時のインフルエンザ予防はどんなことに
気を付ければいいのでしょうか。

外でもインフルエンザを予防する工夫は?

インフルエンザが流行する冬11月から3月は、気温が
低く空気が乾燥しています。
ウィルスが活発に動く環境のようです。

湿度を保ち、気温を高めにすることがウィルスの
活動を弱めますから工夫次第で、湿度を保つ方法を
2つご紹介しますね。


マスクはウィルスを遮断するためじゃないの?

インフルエンザウィルスのサイズが小さいため、
主に使われる不織布マスクでは、ウィルスの遮断は
難しいようです。

・インフルエンザウィルスのサイズ…
       0.1マイクロメートル

・花粉(杉)サイズ…30.0マイクロメートル
・ハウスダスト…500.0マイクロメートル


ウィルス対応マスクもある

米国のNIOSH認定N95規格適合するタイプは
主に医療従事者が使用しているもので、ウィルス
にも適応できるようです。

価格が不織布マスクに比べ高価です。
(20枚入り2000円~4000円代)
毎回取り換えるには費用がかかりそうです。


不織布マスクなどウィルス非対応マスクのメリット

・マスクをすると、口の中の水分を保つことになり
 ウィルスが活発に動きづらい

・マスクをしている側が、咳・くしゃみを空気中に
 まき散らす事を防ぎ、周りの人への配慮
(咳エチケットと呼ばれています)ができます。


こまめな水分補給

こまめな水分補給は身体の乾燥を防ぐ
ことができます。

外出中は外気が乾燥していますから、口の中や
喉も乾きやすい状態ですね。
水分補給なので、ジュースよりも水やお茶などを
こまめに飲むようにしましょう。


指さし女性

腸内環境や毒素排出にも
水分補給はかかせません。

身体のめぐりを良くする事で、インフルエンザを
寄せ付けない身体づくりにつながります。


1日の目安

1リットル~2リットル程度を目安に、無理のない
程度に飲む事をおすすめします。

体質(すぐお腹を壊すなど)や持病により水分接種量に
制限のある場合は、主治医へ相談して下さい。

ご自分にあった水分補給の仕方で手軽に取り入れてみて
下さい。

外での接触感染に注意!

[quads id=3]

不特定多数が触る場所には注意

多くの人が触る「手すり」「つり革」「ドアノブ」
エレベーターなどの「押しボタン」はウィルスが
付きやすく接触感染の原因になりやすい箇所です。

ただ、触ったからといって必ず感染するわけでは
ありません。

その触った手を洗わずに食べ物を食べたり口や目を
触ってしまうと感染しやすいということです。

防ぐには、こまめな手洗いの習慣が大切ですね。
普段、外出中に持ち歩くもの、例えばスマホなど
を清潔に保つこともインフルエンザ予防につながる
のではないでしょうか。


こまめな手洗いできない時は

耳にタコができるくらい、手洗いの重要性は
聞いていますよね?
ここでは手洗い以外の対策としてお話します。

「除菌シート」や「ジェルタイプの消毒剤」

手洗いができない時に使えて、お子さんの手を
パパッと除菌してあげられます。

ショッピングモールなどの出入口に、除菌スプレーを
設置するところが増えていますので、それを使用する
のも一つです。

おしゃれ&防寒で楽しむインフルエンザ予防

外気と室内の気温差が激しくなる季節ですから
知らないうちに身体への負担もかかっています。

体温が維持できていると免疫力が守られ
インフルエンザ予防につながります。


厚着をすれば安心?

厚着は悪いことではないですが、着ぶくれしたり
動きにくくて大変ですよね。

ヒートテックインナーなど、薄手の発熱素材の
インナーを使用することで薄着でも防寒ができます。
ただ発熱素材のインナーは汗をかいた後、汗冷えを
起こして身体を冷やしやすい構造のものがあるので
極寒の登山をする人の間では使用しない人もいるようです。

体温調節が大切です。
取り外しや、脱ぎ気で調節できると便利ですね。

5つの体温を維持するポイント

①首まわり…タートルネックの服・
       マフラー・ストール
②腰まわり…腰回り丈がある下着・腹巻・
       毛糸パンツ・貼るカイロ
③手足…手袋・発熱生地を使用した靴下など
④頭…帽子
⑤耳…イヤーマフラー


まとめ

インフルエンザ予防を習慣化しながら、
オシャレ防寒も楽しんで冬を乗り切りたいですね。

最寄りの保健所や、かかりつけのお医者さんなど
正しい情報をあつめて対策することをおすすめします。