妊婦さんにとって冬の寒さは注意が必要です。
妊娠中に体が冷えて血行が悪くなったりすると
お腹の赤ちゃんにも影響してしまうからです。

ただでさえ女性の体は冷えやすいのに
妊婦さんはさらに冷えやすくなって
しまうんです。

スポンサーリンク

妊婦で寒い冬を過ごす 寒さ対策をしっかりと

妊娠をすると女性は、ホルモンバランスが崩れたり
大きくなったお腹をかばって姿勢が悪くなること
などから体が冷えるといわれています。

特に、初めての妊娠で冬を迎える人は不安が
多いのではないでしょうか。
私の場合は、寒いとお腹が張りやすいように
感じたので気を使いました。

それでは、具体的に何に気をつければいいのかを
説明していきますね。


寒さには要注意 なぜ体が冷えると良くないの?

では、どうして体が冷えると良くないのでしょうか?
体が冷えてしまうということは
赤ちゃんのお部屋である子宮も冷えてしまいます。
子宮が冷えるということは血液の流れが悪くなり、
赤ちゃんへの栄養が行き届きにくくなると
いうことなのです。

また、冷えて血の流れが悪くなると良い胎盤も
作れません。
しかも、赤ちゃんの成長にも影響を与えるだけ
ではなく切迫早産や切迫流産、逆子などになる
可能性を高めてしまうんです。


外出時や家の中で寒さ対策、温め方のポイント

具体的にどんなことをすれば良いのかを
説明していきます。

冬服の選び方 温めてくれるものを選びましょう



妊娠の周期などにもよりますが
しっかり温めた方がいい場所として
首周りやお腹周り、足首や足先などの下半身。
この3つはしっかりと温めましょう!

また、妊娠中期から急にお腹が大きくなって
きます。
私も急にお腹が出てきて誰が見ても妊婦さんの
状態になった時は、びっくりしました!

そのため、お腹周りは締め付けるゴムなどが
入ったものはできるだけ避けて、締め付けない
ようにゆったりとした服を選びましょう!

個人的には、着やすいキャミワンピースなども
おすすめです!
キャミワンピースは夏のイメージがありますが
マタニティウェアを販売しているお店に行くと
冬用もありますよ!!

私は、夏にキャミワンピースにはお世話になった
ので秋・冬用のも欲しくて買いました。
下に着るカットソーなどで着回しなどもできるので
1枚持っておくだけでも便利で、買い足しがいらない
ので経済的ですよ。

そのほかにも、妊娠中は体調によって外に
出られないこともあるので、お家で洗濯機で
洗える服がいいかもしれません。


スポンサーリンク

ポイントは、あたたかい素材を選ぶことです!

あったかい素材とは、綿やウール、フリース
キルティングといった暖かい素材のことです。

それから温め方のポイントとして
首周りを温めるのがおすすめです!
首周りを温めると体全体の血流が良くなります。


指さし女性

そうすると、手先や足先まで
血の流れが良くなるので
体が温まりやすくなるんです。

また、首元から暖かい空気が抜けて行くのを
遮断するためにハイネックや薄手のスカーフを
使うのもいいです。
スカーフはオシャレにも見えるし、いいですよ!

基本的には、体が冷えなければ
スカートでもパンツでもいいみたいです。
ただ、お腹にはゆったりとした腹巻や
下半身には妊婦用タイツやスパッツを履いて
冷えないようにしましょう!

また最近では、可愛い毛糸のパンツもあります
よね。
それを活用してみてもいいと思います!


重ね着で調節をしましょう

暖房が強い場所で暑くても脱げずに我慢して
汗をかいてしまった。
厚着しなきゃよかったと後悔したことは
ありませんか?

室内で汗をかいた後に、寒い外へ出ると
今度は急激に体が冷えてしまいます。

部屋の中や外の気温に合わせて、こまめに
脱ぎ着で調節できるように重ね着にましょう。

そして「寒い寒い。」と言って、家の中にばかり
いると運動不足になってしまいます。

天気がよく、体調がいい日には防寒対策をして
お外を散歩したり、お出かけするといいですよ。
季節の移り変わりや空模様を、お腹の赤ちゃんに
話してあげましょう。

外に出るときも首周りやお腹や腰などを冷やさ
ないように、マフラーやレッグウォーマー、
カイロなども使いましょうね。


また、冬はウイルスも多いため、外出時には
マスクをして、帰宅後にはしっかりと手洗い、
うがいをすることが必要です。

妊婦さんは簡単に薬を飲めませんよね。
自分とお腹の赤ちゃんの健康には気をつけ
ましょう。

まとめ

妊娠中は特に冷えやすかったりするので
赤ちゃんのためだけでなく、ママのためにも
防寒対策をしっかりし、首周りやお腹周り
下半身を冷やさないようにしましょう。

以上で、説明は終わりですが参考になったでしょうか?

特に、初めての妊娠や出産はわからないこと
だらけで不安なものです。
不安だからこそ、ネットをうまく活用し
色々なことを調べ、その不安が少しでもなくなる
ようにしたいですね。

最後になりますが、ママもお腹の中の赤ちゃんも
元気に楽しく寒い冬を過ごせるようにして
いきましょう!!

スポンサーリンク