小学校の秋の一大行事といえば学芸会ですね。
演劇をやることになり、役決めが終わると
自分の子はセリフがある目立つ役なのか?
それともセリフなしの役で出番が少ないのか?
もしかしたら子どもよりも親の方がドキドキ
かもしれません。親としては、自分の子の
晴れ舞台です。しっかりと観たいし写真と
ビデオも撮りたいって思っちゃいますよね。
そして、学芸会当日の成功は、子ども自身の
やる気と練習の成果がでてきます。
親がしっかりとサポートやアドバイスする
ことってできるんでしょうか?

学芸会にむけて我が子のやる気はどうかな?
やる気満々で学芸会に向けてお家で練習しているかもしれませんね。前向きでも練習が嫌いなタイプの子もいます。お子さんの性格にもよりますね。家族がお子さんと学芸会の話できる場と勇気づけしてあげましょ。セリフありのお子さんセリフが多くて覚えるのに苦戦していることってありますよね。お母さんお父さんが、お子さんのセリフ以外の役を担当してみるとできたらいいですね。「ああしなさい、こうしなさい!」言いそうでもNGですよ。お子さんがどうしたいか?考えを聞きながら監督はお子さんという感じで練習につきあう。できそうですか? セリフなしのお子さん登場するシーンがどんな感じなのかお子さんとイメージトレーニングをお家でやってみる。ジェスチャー、行動で役作り研究してみる。 お話したいことなんですがモンスターペアレントのお話で、こんなお話をあ聞いたことがあります。 それは、「なんでうちの子が主役じゃないの?怒」「なんで、うちの子が〇〇ちゃんよりセリフが少ないの?」など学校にクレームをつけて学芸会の劇の内容より「我が子」を優先する価値観を持った保護者が演劇自体を捻じ曲げちゃうっていう話。おっかないですよ。でも変なことしてるって思わないんですね。そんな大人を子供達はどう思うんでしょう。セリフがなくてもあっても劇を共同で作ることって難しいんでしょうか。 合唱の歌が苦手な時のサポート今はスマホアプリなどで、楽曲を聞くことがとっても簡単にできます。お家で練習ができる環境を少しでもしてあげましょ。アプリ使ったりね。歌が苦手でもメロディーを耳で聞いて慣れる。週末カラオケボックスで家族で一緒に練習するってどうでしょうか。楽しむのが一番です。練習しなきゃ!ってなるとより楽しいってなったほうがいいですよね。

学芸会の我が子の衣装準備は?
クラス全員の衣装をつくっちゃうお母さんがいるんですって。得意な方だったらパパッと作れるのって素敵。 その前に、お子さんにどんな劇で、どんな事が必要なのか?確認してからはじめましょうね。張り切りすぎて周りの事が見えない状況は、周囲の人も言いづらいから。どこまでを用意するのか、市販の服の色を統一するだけで済むかもしれませんしね。 学芸会のサポートで大切なことお子さんの自主性を一番大切にして、お母さんが総監督にならないこと。「あれやりなさい!これやりなさい!」ではお子さんが、お母さんの言うことを守っていれば良いことなんだと思考を停止してしまいます。お子さん自身が全部の判断はまだできなくても、自主性を芽生えるチャンスの場です。 お母さんが一番わかっていることだと思うので、ここでお伝えしたいのは、お子さんに考える自主性を持たせる。学芸会は持ってこいってことですよ。 悔しい思い、ライバルがいても親が学校に出て行かないで、お子さんがどう対応するのか。見守りたい。なんでかというと、そのあとに成長があるからですよ。 リズム感や楽器の演奏を表現する場楽器を使う機会って、この学芸会の場ですよね。木琴や鉄琴なんて家にないけど鍵盤を大き目の紙に書いてあげると手を動かす練習ができます。鍵盤がなくてもできますね。紙に書いてあげるのはお母さんやお父さんがサポートしてあげてくださいね。 みんなで演奏すると一体感がでて演奏するときや、合唱する時も達成感が違うかも。まとめ見ている側の親御さんたちは、たとえ誰かが失敗したとしてもアクシデントがあっても、あの子が悪いとか子供の間であったとしても、親たちが一緒になって言うよりも、「よく頑張った!」「失敗は成功のもと」を伝えはげましたり、見守ってあげたいですね。知らない間に、巷によく聞くモンスターペアレントに自分自身がなっていたら大変です。気を付けましょう。

スポンサーリンク