最近、視力が落ちてきたような気がする。
健康診断を受けたら目が悪くなっていた。
毎日、仕事でパソコン、家でもスマホといった
生活で視力が落ちてしまったとお悩みの方も、
多いのではないでしょうか。
できることなら、少しでも改善したいですよね。
そこで、効果が期待できる視力の改善方法や
目の体操などを解説していきます。

スポンサーリンク

下がった視力を良くする方法はある?

視力が下がるとは

そもそも視力は、なぜ時間が経つにつれて低下
するのでしょうか。

人間の目の構造は、カメラと同じようになって
います。物を見るために、光を屈折させたり、
ピントを合わせたりしています。
目の中で光を屈折させる働きをするのが
「毛様体(もうようたい)」です。

毛様体は筋肉なので、緊張したり固まったり
すると、働きが悪くなってしまいます。
すると、光の屈折がうまくできなくなり、
ピントが合わず「目が見えづらい」という状況に
なってしまい、これを「視力の低下」と呼ぶと
いうわけなんです。

では、毛様体の働きが悪くなる原因は何なの
でしょうか?
それは「目を酷使すること」です。
特に液晶などの光を長時間見たり、近くで見たり
すると、毛様体を疲れさせてしまいます。

つまり、パソコンやスマホを長時間利用することは、
視力の低下と大きくかかわっているんです。

それでは、下がった視力を改善することはできるの
でしょうか。


視力の改善に効果的な方法

視力の低下は、目の筋肉が緊張したり固まったり
することで起こるので、それを解消すれば、
視力は改善することができるんです!
そこで、視力の改善が期待できる方法をご紹介します。


目の周りの筋肉をゆるめる


スポンサーリンク

視力を低下させないためには、緊張した筋肉を
ゆるめてあげる必要があります。

その方法として効果的なのが、
・目を温める
・目をマッサージする

ことです。

ホットタオルなどで目を温めるだけでも、
目の周りの血流がよくなります。また、
目の疲れに効くツボを意識して押すと効果的です。

風池(ふうち)

後頭部の耳の後ろの少し下側にあるツボです。
左右両方にあり、押すと気持ちいいので
分かりやすいです。
自分でツボ押しをするときは、頭を少し前に
傾けて人差し指の第一関節や親指で押すと力が
入りやすいのでおすすめです。

合谷(ごうこく)

手の甲の親指と人差し指を線で結んだときに
交わるところの少し上側にあるツボです。
目の疲れや肩こりに効果的で、ちょっとした
ときにも押しやすいツボです。

陽白(ようはく)

眉毛の上の瞳の真上にあたる部分です。
ここは、押すと痛い人が多いですが、痛すぎない
程度の力でマッサージすると、視力回復が期待できます。

ツボ押しは、5秒かけてゆっくりと押し、5秒かけて
ゆっくりと離します。これを繰り返すことで、
血流がよくなり、目の疲れも取れます。


効果的な目の体操

音楽に合わせて行う体操

1 自分の好きなリズムや音楽を流す。
2 それに合わせて、目を閉じたりあげたり、
 まばたきをする。

まばたきをするタイミングに正解はないので、
自由に行ってOKです。
パソコンやスマホを使っているときは、無意識の
うちにまばたきの回数が少なくなっています。
意識をしながら、目を閉じたり開けたりすることで、
涙が目全体に行き渡って乾燥を防ぎ、筋肉を動かす
ことで、血流の促進にもつながります。

毎日違うリズムや音楽にすれば、飽きることなく
続けられるので、おすすめです♪


八の字体操

1 両目を閉じたまま、頭は動かさずに目で八の字を描く。
2 逆方向でも行う。
3 ゆっくりと目を開ける。

1方向5秒ずつ、5セット行ってください。
あくまで、回数は目安ですので、自分の体調と
相談しながら、無理をしないことが大切です。

遠くを見る体操

1 両目を閉じて、ゆっくりと開ける。
2 外の景色を見て、遠くを見つめるように目を動かす。

パソコンやスマホの画面を見るときは、かなり
集中しますので、目と画面が近づき過ぎになります。
そうなると、目への負担も大きくなってしまうので、
時には遠くを見て、目の筋肉の緊張をゆるませましょう。

パソコンやスマホを使用するときは、こまめに
休憩を挟んで目を休ませてあげましょう。
作業に集中しすぎて、時間を忘れてしまいがちに
なりますが、長時間使用する場合は、特に注意が
必要です。


目によい栄養を摂る

目に良い栄養素というものがあります。それらを
積極的に摂取することで、体の内側から視力回復に
アプローチできます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アロニア サプリメント【Aromeni】30日分
価格:2970円(税込、送料無料) (2018/3/23時点)


ビタミンB

ビタミンの中でも、特にB群は視力回復が期待でき、
全体が効果を高め合うため、積極的にとるべき
栄養素です。
目の神経の働きを良くするビタミンB1は大豆や豚肉、
疲れ目に効果的なビタミンB2は、乳製品や納豆などに
多く含まれています。

ビタミンC、ビタミンE

ビタミンB群と同じく、疲れ目の回復が期待できます。
ビタミンCは、レモンやオレンジ、ビタミンEは、
落花生やモロヘイヤなどに豊富に含まれますので、
積極的にとりましょう。

ベータカロテン

目の細胞の代謝を促す働きがあるのがベータカロテンです。
ベータカロテンは、体内でビタミンAに変わり、
目の神経伝達物質となります。
多く含まれるのは、小松菜やにんじんです。

食事は毎日のことですので、気をつけるのと
気をつけないのとでは、大きな差が出ます。
目の疲れを蓄積しないために、体の外側だけでなく、
内側からも日常的にケアすることを心がけたいですね。


まとめ

視力の低下は、日頃の目の疲れを放置せず、
きちんと対処することで回復が期待できます。
目の疲れは、症状が出たときには、かなりひどい
状態になっているということが多く、自分でも
気づかないうちに酷使しているものです。

落ちてしまった視力を回復させるには、今回
ご紹介した方法で、目のメンテナンスを意識して
みてくださいね。

スポンサーリンク