花粉症には、さまざまな症状がありますが、
その中でも鼻づまりは、睡眠不足になること
もあってとても厄介です。
眠れない日々が続くと、体を十分に休息させる
ことができなくなり、花粉症がさらにひどくなる
という悪循環に陥ってしまいます。
花粉症による鼻づまりや睡眠不足をどのように
改善するのでしょうか。

スポンサーリンク

鼻づまりを改善して熟睡する方法

寝る前にやっておくと鼻づまりの症状が改善
する方法を4つ紹介します。


鼻うがい

鼻の中に食塩水や専用洗浄液を入れ、ほこりや
ウイルス、花粉等、鼻の不調の原因となるもの
をきれいさっぱり洗い流してしまう方法です。

ここでは、初心者でもやりやすい鼻うがいの
方法をご紹介します。

①洗面器に人肌程度の温度の生理食塩水を張ります。

②①に顔をつけ、片方の鼻を食塩水が入らない
ように押さえます。押さえてないほうの鼻で
食塩水を軽めに吸います。

③吸った鼻から食塩水をそのまま流すように出します。
※①~③を片方ずつ交互に数回繰り返しましょう。

慣れるまで、特に初めてやるときは、実行する
のに勇気がいる鼻うがいですが、慣れて上手に
できるようになると、後のスッキリ感に
すっかりハマってしまいますよ。

就寝前の習慣として続ければ、鼻が通り
やすくなって、ぐっすり寝られる日々も
夢ではないかもしれません。


鼻の通りをよくする油を塗る

ハッカ油やユーカリ油をほんの少し鼻の下に
塗るだけで、スースーして鼻が通りやすくなります。

直接塗ることに抵抗がある人は、マスクに
1~2適垂らすのもOKです。
この方法は、塗りすぎや垂らしすぎには
くれぐれもご注意ください。
スースーし過ぎて鼻が痛くなったり、
目にしみたりすることがあります。


スポンサーリンク

鼻を温める

鼻や、その周辺を温めると鼻の通りが良く
なります。
首のうなじや鼻をドライヤーで温めたり、
熱いシャワーを浴びたりすると、とても効果的です。
温め効果を持続させたい場合は、カイロを
使うのがおすすめですよ。
やるときには、ヤケドに注意して下さいね。

また、軽い運動をして体全体を温めるのも、
鼻づまり改善に効果があります。

ツボ押し

鼻の両脇にある「迎香」というツボを押すと、
鼻の通りがよくなると言われています。
小さい円を描くように指を動かしながら
20回程度押します。鼻筋に沿うように、
鼻の付け根付近まで指圧をするとさらに
効果的です。


花粉症の睡眠不足を予防する方法

鼻づまりでも熟睡するための方法を4つ
お話しますね。


薬の服用

薬は極力飲みたくない、という人もいると
思いますが、満足な睡眠がとれないために
体調不良が続いてしまうようなら、薬の力に
頼ったほうが良いかも知れません。

夜に飲む薬を眠くなりやすい種類のものにすれば、
鼻もすっきりするうえによく眠れるようになるのでおすすめです。


寝る体勢を工夫する

寝るときの体勢を変えるだけで少し鼻の通りが
良くなり、眠りやすくなります。

鼻がつまっていると感じたら、仰向けの体勢を
やめて、つまったほうの鼻が上を向くように
横になってみてください。
下に向いているわき腹を寝床にしっかり押し
付けると、自律神経を圧迫し、つまっている
鼻の通りがよくなります。

鼻の通りが良くなっているうちに心を落ち
着けて眠りましょう。


鼻こう拡張テープを使う



鼻腔を広げて鼻の通りを良くする効果が
あるテープを知っていますか。
鼻こうテープを貼りつけると、眠りやすく
なります。色々なメーカーから販売されて
いるので、自分に合ったものを選びましょう。

また、使い方によっては、皮膚が赤くなったり
剥けたりすることもあります。貼る位置も
大切ですので説明書をよく読んでから、
正しい方法で使いましょう。


マスクをつけて寝る~さらにひと工夫



鼻づまりの人がよく眠るために、マスクを
つけて寝るのもいいですね。
鼻や口をマスクが覆うことで、花粉などの
鼻づまりの原因物質をシャットダウンする
ことができますし、乾燥も防ぐことができます。

さらにオススメしたいのが、マスクに鼻の通り
をよくする効果があるアロマオイル
(ユーカリ、ラベンダー、ミント、パイン等)を
数滴垂らすことです。
鼻の通りが良くなるうえに、アロマオイルの持つ
リラックス効果が加わって、眠りやすくなりますよ。

まとめ

鼻づまりや睡眠不足を改善する方法をいくつか
ご紹介しました。
症状が出てからの対処方法も大切ですが、
日頃の体づくりも同じぐらい大切です。
日頃からストレスを溜め込んでいたり、食生活の
乱れからも花粉症の症状がひどくなったり、治り
にくくなったりします。

今出ている症状の対処方法や改善方法を試しながら
生活習慣の改善にも取り組むことが、花粉症による
睡眠不足解消への近道と言えます。


スポンサーリンク