女の子が生まれると雛人形を用意するご家庭が
多いですね。
ママさんも実家に行けば、自分の雛人形がある
でしょうから珍しい物ではないでしょう。
しかし、この『 雛人形 』。箱から出して
「さぁ、飾って。」と言われたら自分で飾る
ことができますか?
今回は、そんな『 雛人形 』についてお話します。

ひな人形、おひな様とは

『 雛人形 』を簡単に説明すると、ひな祭りに
飾る人形の総称のことです。
七段飾りの場合、上から親王(男雛、女雛)に
始まり、三人官女、五人囃子、右大臣 左大臣、
仕丁とお道具類を飾ります。


雛人形・ひな祭りの由来は?




雛人形はもともと、「上巳の節句」の際に、
草やワラで作った人形で体をなでて、身の
穢れ(けがれ)を移したものを川に流してしまう
ことで厄払いとされていました。
それと、行事と貴族階級の女児が行なっていた
紙の人形のおままごと遊びである「ひいな遊び」
が合わさって生まれたものだと言われています。

ひいなには、小さくて可愛らしいものという意味の
他に大きいものを小さくするといった意味もあった
ため人形とも意味が重なり、いつしか人形は
「流しひな」と呼ばれるようになってきたようです。

また、江戸時代になると人形作りの技術が発達し
紙で作られていた流しひなは豪華になっていき
ました。
そのようになると、人々は雛人形を川に流すのでは
なく、飾るものへと意識が変わっていきました。


桃の節句は、いつから?


[quads id=3]
江戸時代には幕府がそれまで3月上旬としていた
上巳の節句を3月3日に制定したそうです。
その際に、雛人形を飾る上巳を女の子のための日。
鎧兜や鯉のぼりを飾る、端午の節句を男の子の日。
と定めたそうです。

桃の節句や端午の節句って江戸時代から
あったのですね。
 
また、雛人形には厄災を人に変わって引き受ける
人形の役割があったため、女の子の健やかな成長や
幸せを願う日となったと言われています。


飾り方は地域によって違うの?



大きく分けてると雛人形の飾り方は
『 関東 』と『 関西 』で違います。

いくつか違う点を説明しますと、まず最初に
親王(男雛、女雛)の位置です。

関東では、関東雛と呼ばれており、向かって
左にお殿様が、右にお姫様が座っています。

これとは逆に、お殿様が右に座っているのが
京雛と呼ばれる関西の雛人形だそうです。

また、雛人形のお顔にも違いがあります。

わかりにくいのですが
関東のお雛様は、目が大きく口元が軽く
ほころんでいて、ふっくらと可愛らしい
お顔です。

関西は、切れ長の目に鼻筋のスッと通った
高貴なお顔、いわゆる京美人の顔立ちです。

一見、同じようにに見える雛人形ですが
関東と関西でこんなにも差があるんですね。


雛人形は、いつからいつまで飾るの?

お雛様を出す時期

雛人形を飾る時期は、一般的に節分の次の立春
から3月中旬までと言われています。

つまり、ひな祭りが3月3日ですから2月の下旬、
ひな祭りの1週間前には飾っているのが理想ですね。
そして、その中でも「大安」の日を選んで飾る人が
多いようです。

また、「大いに安し」という意味で暦注である六曜の
一つの中で最も吉とされてる日を指しています。
大安に出せなかった場合は『 天気がいい日 』や
『 家族で揃って飾り付けができる日 』でも
いいように思います。

「今年もお雛様を飾る時期になったのね。」
といった話でもしながら箱から出して並べて
あげたら、今年も出してくれたことに
雛人形たちも喜んでくれそうと思いませんか?

また、飾る場所に決まりはないのですが
高音多湿、直射日光が当たるところは
避けた方がいいです。



お雛様を片付ける時期



では、ひな祭りが終わった後は、いつまでに
片付けるものなのでしょうか?

よく、雛人形を片付けるのが遅くなると
結婚が遅れる、婚期を逃す、なんて話を聞いた
記憶はありませんか?

これは、迷信でしかありませんが、雛人形を
長い間、出しっぱなしにしておくと人形に
傷がついてしまいます。
そのため、ひな祭りが終わったら、いつまでも
出しっぱなしにしないで片付けなさいよ。という
意味からきているのかもしれませんね。

お雛様は、天気がよく晴れて、乾燥している日を
選んで早めに片付けるのが良いでしょう。



まとめ

実家にいたころは、毎年見ていた雛人形ですが、
知っているようで知らないことも、たくさん
あると思います。

知っていて飾ると、雛人形たちも喜んでくれる
ことでしょう。